トップページ > 製品情報 > 親水コーティング > 親水コーティング剤(曝露試験中の為、もうしばらくお待ちください。)

親水コーティング剤(曝露試験中の為、もうしばらくお待ちください。)

hyd1_pic

特徴

濃色車に発生する鱗状痕やウォータースポットができない!また淡色車に発生する水垢や汚れが目立たなくなる!さらに、雨降りに見えづらくなるバックミラーやモニターカメラなどの水滴防止剤として最先端化学技術により誕生!

商品コード D01000 D01020
内容量 100ml(サンプル) 500ml

施工方法

hyd1_1

1.ワックス分除去前

瞬間美白又はカラー復元剤を洗車用スポンジに十分含ませて下さい

hyd1_2

2.ワックス分除去作業

弾きがなくなるまで同じ所を数回擦ってワックス分を除去して下さい。

hyd1_3

3.洗い流し

ワックス除去に使用したF-2,F-3の液剤が残らないように洗車スポンジ等を使って洗い流して下さい。

hyd1_4

4.ワックス分除去

上記の写真のように、右半分はワックス分がキレイに除去出来た状態です

hyd1_5

5.本品塗布

本品をマイクロファイバークロスに約10回位吹き付けて下さい。

hyd1_6

6.塗り込み

塗り込み始めは上記写真のように虹状の模様が出ますが同じ所を数回擦り込むように塗り込むと虹状の模様は消えます。塗り込み始めに虹状の模様が出なくなったら、クロスに本品を吹き付けて下さい。

hyd1_7

7.拭き取り

上記写真のように塗り込みムラが発生したら本品を吹き付けて、よく擦り込んで下さい。約50cm四方位ずつ塗り込み、擦り込みを繰り返し、ボディー全体を仕上げて下さい。

hyd1_8

8.施工完了

雨降り後には上記写真右半分のように、親水上に水が流れ落ち上記写真左半分のように水玉が残りません。

hyd1_9

1.施工前

雨降りなど、モニターカメラに水滴が付くと上記写真のように、モニターが見づらくなります。

hyd1_10

2.施工後

クロスやティッシュに本品を吹き付けて、擦り込むだけで上記写真のようにモニターがハッキリ見えます。

hyd1_11

1.施工前

バックミラーの鏡面へクロスやティッシュに本品を含ませ擦り込んで下さい。

hyd1_12

2.施工後

上記写真のように、擦り込んだ右半分は水滴が付かなくなり後方確認が雨降りでも楽になりました。

商品一覧へ戻る
Copyright(C) Crystal Process Co .,Ltd All Rights Reserved.